• 「建物の鑑定評価研修会」平成31年3月4日(月)開催のご案内

    2018年12月06日

    私が所属するNPO法人日本不動産カウンセラー協会と建設物価調査会との共催により 建物の鑑定評価研修会が行われますのでご紹介いたします。   建物の最近の市場価格はどのように決まるのか等をお知りになりたい方にお薦めです。 講師は各方面でご活躍の大学教授、実務家で、不動産鑑定士や一級建築士の資格を お持ちの方が担当致します。   また、それに伴い、7年ぶりに改訂された「建物の鑑定評価必携(建物実例データ集)も...

  • AIによって日本の街が変わるかも?~WeWorkがもたらす日本の不動産変革

    2018年09月07日

    夏休みから随分過ぎてご無沙汰しております。 この夏は豪雨や台風、地震等、本当に災害が多い夏でした。日本の街づくりには災害対策が急務であると強く感じます。 さて、全くお話が変わって、今回のお題は、「AIによって日本の街が変わるかも?」というものです。 先日、ARESマスター(不動産証券化協会)継続教育の「技術革新による不動産ビジネスの将来」というセミナーを受けてきました。 みなさんも、AIとか不動産テックとか、スマートシティとか...

  • 8月13、14、15日は休業いたします。

    2018年08月10日

    題名の通り8月13~15日は休業と致します。 よろしくお願い申し上げます。...

  • 柏市の空家問題の現状と今後の空家問題の課題

    2018年07月04日

    いまさらながら空家問題   空家問題は所有者不明土地等と絡み、今後ますます深刻化する問題です。私は不動産鑑定士として空家問題について今まであまりコメントしないでいました。 理由は、自分なりの解決策をお示しできないでいたからです。これは今もあまり変化はないのですが、避けてばかりではいられない状況にもなってきておりますので、徐々に考えてみたいと思います。   空家の弊害 まず、空家になると建物の劣化が進みま...

  • 柏市等の郊外におけるシェアオフィス・コワーキングスペースの可能性

    2018年06月14日

    一般企業でも働く場所は柔軟になっている 最近はITを活用し、会社員の方も働く場所を自由に選択できるようになってきました。まだまだ浸透するには時間がかかるかもしれませんが、ここ最近、浸透度が急速に進みつつあるように思います。   いわゆる働き方改革では、働く時間についての議論が中心になっているようですが、働く場所をもっと柔軟にできれば、同じ勤務時間でも身体に与えるストレスは全然違ってくると思いますし、それこそ、一日4~5時間...

  • 千葉県東葛エリアの一棟賃貸マンションの利回り推移(2018年5月現在)

    2018年05月23日

    「そもそも不動産の利回りって何?」 利回りは収益力という意味で捉えるのが一般的ですが、ここにはリスクプレミアムという概念が入っています。従って、リスクの高い不動産は利回りが高いことになります。   逆にリスクが低い不動産は利回りが低くなります。   利回りも大きく分けて、純粋な利回り(割引率)や永久還元する利回り(還元利回り)があります。これは収益価格を出す際の手法によって使い分けをするのですが、ここ...

  • 5月23日(水)士業向け「不動産評価・保険活用セミナー」のお知らせ

    2018年05月07日

    こちらのページでお知らせさせて頂いております。 http://ogawa-asset.com/information/2018/05/521...

  • 柏市の平成30年地価公示価格の特徴

    2018年04月03日

    3月27日に国土交通省から平成30年地価公示の発表がありました。 既に発表から一週間が過ぎようとしておりますので、柏市について簡単にまとめてみたいと思います。   ちなみに、国土交通省によると地価公示とは以下のように定義されています。   「地価公示」とは: 地価公示は、地価公示法に基づき、都市計画区域等における標準地の毎年1月1日時点の正常価格を国土交通省土地鑑定委員会が判定・公示するものです。公...

  • だまされ続ける資産家、不動産投資家

    2018年03月30日

    かぼちゃの馬車の問題 今、不動産業界では「かぼちゃの馬車」の問題が大きな話題となっていますね。   スマートデイズという会社が4年弱で800棟もの女性専用シェアハウスを販売し、あまりに数が多すぎてテナント付けが出来なくなり、運転資金がショートし、オーナーに賃料を支払えなくなったというのが概要だと思います。   株式会社東京商工リサーチのネット記事(公開日付2018年1月22日)によれば以下の通...

  • 不動産鑑定士はどのような手順で価格を決めているのか

    2018年01月31日

    不動産の活用、問題解決の答えは全て価格、賃料に表現できる 不動産の諸問題はつまるところ不動産の価格と賃料に行きつきます。不動産を開発、購入、組替え、賃貸借、交換、相続、贈与、分与、退去等、何をするにも価格と賃料がついて回ります。 我々、不動産鑑定士はその指標となるべく、適正な不動産取引、計画の一助になるために日本で唯一存在している専門士業です。 しかし、不動産鑑定士自体の知名度の低さもあり、存在自体を知らない方もかなりいらっしゃいます。また...