• 近況と23、25、26日のご連絡について

    2017年01月19日

    この時期、不動産鑑定士の方々は、様々な公的評価が集中し、かなり疲労困憊かと思います。   現在のタイミングとしては、地価公示を提出したところで、すぐに国税(相続税路線価)、固定資産税標準宅地の締切が迫っております。今年は固定資産税標準宅地評価の評価替えなので、3年に一回の大変な年になっています。地方で独立する身としては、このお仕事を頂くか否かでかなりの影響があるため、お仕事を頂いいていること自体、大変ありがたく思っております...

  • デザイナーズマンション(賃貸)

    2017年01月13日

    デザイナーズマンションと普通のマンションの境界線はあまりハッキリしませんが、有名な建築家でいうと隈研吾さんのような建築家さんが設計したマンションというイメージですね。   もう随分前のことですが、隈研吾さんが設計した物件を鑑定評価したことがありました。かなりキレキレのデザインで、テレビの取材も沢山あったようです。戸数が少ない物件でしたが、お洒落系のお金持ちが好みそうな物件でした。賃料水準も周辺相場より高めの設定であったことを...

  • 悩ましい解体費

    2017年01月06日

    イラスト著作者: free vector graphics   不動産の鑑定やコンサルティングを行っていると、築古建物や構造物等の解体費を想定しなければならないケースが結構あります。   先日も某社の営業所を取り壊す費用を想定したのですが、なかなか精度を出すのには苦労致しました。   一般財団法人建設物価調査会「建築コスト情報」にも解体工事費が掲載されているページがあ...

  • 2017 新年おめでとうございます

    2017年01月03日

    2017年1月3日になっておりますが、本年もよろしくお願い申し上げます。   今年は暖かなお正月で、1日に私の実家、2日に妻の実家へ行き、杉並区にあります猿田彦神社と、足利市の天満宮にお参りにも行ってきました。やる事をやっておくと心が落ち着きますね。   今年は、昨年に引き続き、私の不動産鑑定士、不動産カウンセラーとしての知識を、いかに皆様に使って頂き、お役に立つことが出来るかを追求し、持っている知識自...

  • 年末年始のお知らせ

    2016年12月21日

    2016年も残り10日。あっと言う間に新年が来そうですね。 弊所は事務所の休日として、12月29日~1月3日とさせて頂きます。 ただし、この時期の不動産鑑定士は、地価公示、相続税路線価、固定資産税標準宅地の評価が重なっているため、これらをやっている人の正月はほぼお仕事なのではないでしょうか。 私も希望的観測としては、上記の期間のうち、12月31日~1月2日の3日間は事務所には来ないつもりです。 曖昧な表現で分かりにくくて申...

  • タワーマンションの課税強化はちょっとだけ?

    2016年12月16日

    最近、話題になっているのがタワーマンション高層階への固定資産税等の課税強化。 ただし、1棟全体の税金総額は変わらないようにするらしいです。2017年度税制改正の作業のなかで建物評価方法の見直しを進め、早ければ2018年1月から導入されるとのこと。   相続税の動きとしては、国税庁が2015年11月に「個別に評価することで相続税の課税適正化を図る」方針を出し、建物について一般的な固定資産税評価額にもとづく財産評価ではなく...

  • 中古住宅インスペクションと不動産価格

    2016年12月13日

    建物付の不動産取引におけるインスペクションの規定は2018年4月から施行されて、宅建業者がインスペクション業者を斡旋可か否かや、重説において、インスペクション済の物件については、インスペクション報告書の内容を説明する義務を負うようになります。ただし、インスペクション自体は義務ではなく、売主、買主との媒介契約時にその存在を説明し、インスペクションをやった物件については重説で説明義務を負うというものです。   建物インスペクショ...

  • またハウスビルダーが倒産した

    2016年12月05日

    物騒なタイトルで申し訳ございません。   今回、(実際は半年前)倒産した会社はハウスビルダーで、その会社のHPに私の家の写真も提供していたので、かなり驚きました。 そもそも、私の家は、築後1年を過ぎてから、施工会社が倒産しました。とてもいい会社で、建物にも拘りが強く、かなりうるさい私の要望も聞いて下さり、竣工時には大変満足したものでした。 プランを決める段階で、あれほど「会社は大丈夫ですよね?」と確認していたのに...

  • 値崩れしている住宅地域

    2016年11月25日

    (写真はフリー素材で文章とは全く関係ございません) 今日は某プロジェクトの会議でした。その中で話題となっているのが、昭和の中~後半に分譲された、交通利便性の悪い大規模な戸建住宅団地内にある住宅の値崩れが著しい状況になっているということです。そんなような住宅地域は数えきれないほどあるので、ちょっと恐ろしい感じです。   元々、駅から遠く、一画地が200㎡以上の大きめな住宅地は人気が無い状況でした。現地に行くと環境...

  • 証券化対象不動産の鑑定評価に関する研修を受講しました。

    2016年11月18日

    日本不動産鑑定士協会連合会主催の「証券化対象不動産の鑑定評価に関する研修」を受講してきました。 グローバル不動産市場、商業施設、ホテルのそれぞれの分野で第一線でご活躍されているプレーヤーの方のお話を聞けたところは大変有意義でした。 以下、備簿録も兼ねて、雑感を羅列します。 〇投資不動産市場 ・マイナス金利は速度の違いこそあれ、不動産市場には有利に働く。日本でも機関投資家等が国債への投資から不動産やインフラ関連の投資...